枕の高さに注意|おすすめの敷布団は「雲のやすらぎ」|快眠が可能になるアイテム

おすすめの敷布団は「雲のやすらぎ」|快眠が可能になるアイテム

レディー

枕の高さに注意

ベッド

枕の高さに注意

朝起きた際にいつも首の痛みや肩こりが出ることに悩んでいる方は、体型に対して枕が合っていない可能性があります。その人に合った理想の枕を選ぶ際には、注意を払うべき重要なポイントとして、枕の高さがあります。人間の体は立っている際には頭から首、肩にかけて背骨が自然なS字のカーブを描いており、この状態が頭を支える上で最も体に対する負荷が少ない状態になっています。横たわった際にもこのS字が変わらずに維持されることが理想的であり、そのために枕が用いられます。理想的なS字を描く場合、横たわり背中がベッドに接触している状態においては、首筋はベッドから浮いた位置にあります。この位置を首に負荷をかけることなく維持するためにベッドと首筋の間の隙間を枕で埋めて支える必要があります。枕を選ぶ際に、この首筋までの隙間と同じ高さのものを選ぶことで、理想的な背骨の曲線が維持でき、寝ている際の首への負荷を減らすことができます。

体格に合う高さを知る方法

理想の枕の高さは横たわった際の首筋とベッドの間の隙間と同じ高さのものになります。もし低すぎる枕を選んだ場合には頭が下がる分あごが上がり、この状態で長く過ごすと枕が頸部を圧迫し、交感神経が刺激されることで首から肩にかけて緊張状態が起き、脳への血液の流れが滞るために頭痛が引き起こされます。また、枕が高すぎるとあごが引けた状態となり、気道を圧迫して狭くすることで、いびきの原因となります。これらは自分の体格に見合う理想の枕の高さを知ることで避けることができます。枕を選ぶ前にまっすぐ立った状態で壁に背中を押しあてると、首筋と壁の間に隙間ができ、これがその人の体格における理想的な高さの目安にできます。ただし、背骨の形は人によって異なるので、寝具店で実際に使用して確かめたり、わざと若干高さが低い枕を購入し、タオルを挟むなどして調整する余地を残すことも理想の枕を実現する上で効果的です。